FC2ブログ
Home>ニュース(カテゴリ)  TotalPages1

こども手当法案成立、6月から支給へ

2010.03.26 Fri

3月26日、子ども手当法案が可決されましたね。
今年度は、6月から、中学生以下の子どもに1人当たり、月1万3000円が支給されます。所得制限はなし。

ただし、今年度限定で、来年度以降は不透明。満額の2万6000円に引き上げるための財源や、支給対象に対する異論もあり、政府は4月以降、制度の枠組みを練り直す方針とか。


法律では、子ども手当支給の目的として「次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援する」ことを掲げた。ただ、財源確保が難しいために半額支給とする2010年度のみの時限立法とした。満額(月額2万6千円)支給となる11年度以降の恒久財源を確保することは、今後の最大の検討課題となる。満額支給には5兆3千億円が必要だ。

 支給対象は子どもを養育する父母らで、支給は年3回。6月には4、5月の2カ月分、10月と来年2月にはそれぞれ4カ月分が支給される。来年の2、3月分については、来年6月支給となる。

 手当を受けるには各自治体への申請が必要で、9月まで受け付けられる。現行の児童手当(小学生まで1人当たり月額5千円、3歳未満と第3子以降は1万円)を受け取っている人は、申請不要だ。対象を中学生まで広げ、児童手当にある所得制限を設けていないため、対象となる子どもは約500万人増えて1700万人程度となる。


引用元:asahi.com




現金がいただけるのはありがたいけど、我が家ではいただいた手当を「子どものため」に使えるかどうかは微妙^_^;

お金の支援もうれしいけど、子育てしやすい環境整備にももっと力を注いでほしいもの。
現在は子どものいる世帯の約7割が共働きをしているといわれていて、子育てと仕事の両立しているワーキングマザーが大勢いる時代。
小さな子どもを認可保育所へ入れたくても、定員オーバーにより入所できない待機児童数を4万6058人もいます(09年10月1日時点、厚労省)。

学童保育の問題もしかり。

こうした問題も並行して改善していっていただきたいです。





スポンサーサイト